事務所案内図
新型コロナウイルス対策のため原則在宅勤務です。
お問い合わせはメールでお願いいたします。
名古屋市中区丸の内三丁目5-16
愛知県林業会館 2階
(電話)052-228-0350
(FAX)052-228-0360
(EMAIL)
crcdf@crcdf.or.jp
 
  寄付のお願い
◆募集要項(PDF)
◆寄付申込書(わたしの基金)PDF
◆寄付申込書(いいね基金)PDF
 民間公益活動を支援し、
  社会課題を解決するために!

  休眠預金活用制度
 法律 附帯決議 法律の概要 説明会資料
◆内閣府休眠預金等活用担当室
◆休眠預金等活用審議会
◆休眠預金活用推進議員連盟
◆指定活用団体:(一財)日本民間公益活動連携機構
資金分配団体
  CRCDF連携・協働団体
◆ 東海労働金庫(NPO支援活動)
(特)長野県NPOセンター
(特)ぎふNPOセンター
(特)浜松NPOネットワークセンター
(公財)ふじのくに未来財団
(特)ボランタリーネイバーズ
(特)みえNPOネットワークセンター
(特)レスキューストックヤード
  行政機関・サポートセンター
◆内閣府NPOホームページ
◆長野県
◆岐阜県
◆ぎふNPO・生涯学習プラザ
◆静岡県(ふじのくにNPO)
◆静岡市
◆浜松市
◆愛知県(あいちNPO交流プラザ)
◆名古屋市(市民活動推進センター) 
◆三重県
◆みえ市民活動ボランティアセンター
◆環境省中部環境パートナーシップオフィス
  助成金情報・中間支援団体
◆助成財団センター
◆赤い羽根共同募金
◆市民社会創造ファンド
◆パブリックリソース財団
◆大阪コミュニティ財団
◆ペガサス財団助成金 
◆イオングループ・イエローレシート
◆(特)日本NPOセンター
◆シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
◆社会的インパクト評価イニシアチブ
◆日本ファンドレイジング協会
 
  関連サイト
 10年間のアーカイブサイト。
基金は、2005愛・地球博の剰余金で設立。
 
流域がつながる映像200本。
アクセス数
  書籍紹介
「日本における民間公益活動の流れ 私的体験を中心に」今田忠著 定価2000円 
「概説市民社会論」今田忠著。定価3200円。
  民間公益活動推進に役立つ調査
2015 「あいちモリコロ基金助成活動成果調査報告」(本冊125P別冊44P
2014 「NPO支援専門家のための知恵袋」(69P)
2012 「市民活動団体資金循環調査報告書」(365P)
2011 「NPO法人財務分析報告書」(230P)
2011 「あいちモリコロ基金助成活動評価事業報告書」(165P)
2010 「NPO法人における雇用と人材実態調査」(377P)
  マスコミ報道
 
 
更新日 2020年11月24日 更新履歴
      基本情報
定款・運営規則
事業計画・予算
事業報告・決算
理事・監事・評議員
顧問・政策委員 
理事会・評議員会
設立趣意書
設立に至る経過
プライバシーポリシー
 2018.2.15法人設立
   基本計画     団体パンフレット    
 
お知らせ
 
  新型コロナウイルス対応緊急支援助成  実行団体(内定21団体)を公開!   
休眠預金等活用制度の活用
 ◆休眠預金等活用制度とは  ※詳細は、指定活用団体(日本民間公益活動連携機構)の頁
  
毎年1200億円程度発生する休眠預金の一部およそ700億円を民間公益活動支援に活用する制度(2016.12成立)
 
「新型コロナウイルス対応緊急支援助成」事業(~2021年度) ※詳細サイト 
 
 事業名   生活困窮世帯や社会的孤立者への支援
 副題:明日を諦めない
概要  助成総額1億円(1件200万~800万円)/活動対象エリア中部5県/法人格の有無種類は不問
 日程  公募期間(8/17~9/30)/選考:10月/資金提供契約:11月/事業期間1年以内
 
 ◆ 専用WEBサイトも作っています。(公募要領・申請書類・Q&A・積算施引きほか)
 
 【専用問合せ】 kyumin-corona@crcdf.or.jp 
 
休眠預金 2019年度通常枠 草の根活動支援事業(~2022年度) ※詳細サイト 
 
 事業名  NPOによる協働・連携構築事業
 副題:寄り添い型包括的支援で困難な課題にチャレンジ!創造性を応援!
概要   3部門で募集/チームを組んで応募/ 助成総額1億円(1チーム3000万円上限+評価関連費)/活動対象エリア中部5県/法人格の有無種類は不問。

  A:虐待、いじめ、不登校、ひきこもり、自殺など子ども・若者が抱える深刻な課題への支援 
  採択団体(1チーム・3団体)
  特定非営利活動法人アイダオ、特定非営利活動法人侍学園スクオーラ・今人、特定非営利活動法人上田映劇
  B:日本社会における在留外国人が抱える課題解決への支援と多文化共生
  採択団体(1チーム・5団体) 
  愛知県県営住宅自治会連絡協議会
県営保見自治区、 特定非営利活動法人トルシーダ
  保見プロジェクト( 中京大学)、外国人との共生を考える会
 C:過疎地域におけるコミュニティの維持と環境保全 
  採択団体(1チーム・4団体)
  特定非営利活動法人かしもむら特定非営利活動法人馬瀬川プロデュース、一般社団法人aichikara
  加子母木匠塾  
 
   
東海ろうきんNPO支援事業
 
 ◆東海ろうきんNPO支援事業とは、東海3県(愛知、岐阜、三重)の地域や社会の課題解決に取り組むNPO等民間非営利団体に資金提供などの支援を行うもの。 東海労働金庫ホームページ
   
 ◆「NPO育成助成」&「NPO寄付システム」事業(詳細はこちら)
   
◆「2019年度東海ろうきんNPO寄付システム」登録団体募集12/25、2020/2選考。選考団体
  ※寄付を希望する人が東海ろうきんの口座を通じて登録団体に寄付をする仕組みです(手数料不要)。
   
◆「東海ろうきんNPO育成助成2020」助成事業 
 
2020.1~2公募 2020.3~5選考 事業期間(2020.6~2021.2) 選考結果 
A  新規事業創出部門 1件 30万円以内 応募件数 34件 採択 11件
B  事業の継続発展部門 1件100万円以内 応募件数 22件 採択  5件
C  組織強化部門 1件100万円以内 応募件数  6件 採択  2件
 
その他の民間公益活動支援基金 
    
    各種基金の詳細はこちら
◆「水谷潤平教育基金」
 子どもたちへの教育支援のためにNPO等に寄付します。
   
◆「NPO研修基金」 
 
NPOの人材育成・マネジメント研修などの基金
記録・記憶
 
◆寄付の御礼
東海ろうきん未来応援寄付金(91.6万円)/水谷潤平教育基金(17万円)/NPO研修基金(13万円)/CRCDF運営基金(100万円)
 
 
 
 



l>