事務所案内図
開所時間:平日午後1時~4時30分
名古屋市中区丸の内三丁目5-16
愛知県林業会館 2階
(電話)052-228-0350
(FAX)052-228-0360
(EMAIL)
crcdf@crcdf.or.jp
関連サイト
2005愛・地球博の剰余金で設立。
中部の中山間地活性化をめざす
流域がつながる
映像200本。
アクセス数

 
連携・協働団体
(特)ボランタリーネイバーズ
(特)ぎふNPOセンター
(特)みえNPOネットワークセンター
(特)長野県NPOセンター
(特)浜松NPOネットワークセンター
(特)レスキューストックヤード
◆ 東海労働金庫(NPO支援活動)
 
行政・サポートセンター(全国)
内閣府NPOホームページ
あいちNPO交流プラザ
愛知県下市町村サポートセンター
名古屋市市民活動推進センター
中部環境パートナーシップオフィス
 
(特)日本NPOセンター
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
◆社会的インパクト評価イニシアチブ
◆日本ファンドレイジング協会
その他(関連団体)
休眠預金活用制度
内閣府休眠預金等活用担当室   
指定活用団体指定担当室
休眠預金等活用審議会
◆休眠預金活用推進議員連盟
指定活用団体(一財)日本民間公益活動連携機構
助成金情報
 ◆東海労働金庫NPO寄付制度 
 ◆ペガサス財団助成金 
 ◆イオングループ・イエローレシート
 ◆赤い羽根共同募金
 ◆助成財団センター
 ◆市民社会創造ファンド
 ◆パブリックリソース財団
 ◆大阪コミュニティ財団
 
民間公益活動推進に役立つ調査
2015 「あいちモリコロ基金助成活動成果調査報告」(本冊125P別冊44P
2014 「NPO支援専門家のための知恵袋」(69P)
2012 「市民活動団体資金循環調査報告書」(365P)
2011 「NPO法人財務分析報告書」(230P)
2011 「あいちモリコロ基金助成活動評価事業報告書」(165P)
2010 「NPO法人における雇用と人材実態調査」(377P)
CRCDFこれまでの取り組み
   これまでの取り組みのページはこちら
 2019/1/14
 グッドガバナンス説明会
 ◆2018/12/8
 NPO法20周年記念プロジェクト 地域学習会
 2018/11/12
 あいちモリコロ基金終了記念フォーラム
 2018/8/5
 CRCDFフォーラム「NPO等民間公益活動への資金の流れをどうつくるのか!」 
 ◆2018/8
「東海ろうきん未来応援寄付金」寄付対象団体を決定
 
マスコミ報道
2019.2.17 Yahoonews CRCDFの紹介
2019.1.6 読売新聞 万博・モリコロ基金の継承
2018.12.19 朝日新聞 水谷潤平基金 
2018.12. 時局 モリコロ&CRCDF 
2018.11.14 読売新聞 モリコロ11.12フォーラム 
2018.11.14 中日新聞 モリコロ11.12フォーラム 
2018.8.29 中日新聞 モリコロ8.5フォーラム 
2018.7.20 朝日新聞 CRCDF設立
2018.6.15 中日新聞 CRCDF設立
2018.4.11 中日新聞 モリコロ基金終了
2016.1.31 朝日・読売 モリコロ継承フォーラム
 
 
書籍紹介
●「日本における民間公益活動の流れ 私的体験を中心に」 今田忠著 定価2000円 
●「概説市民社会論」今田忠著。定価3200円。
 
 
 
更新日 2019年8月6日 更新履歴    
  基本情報
定款・運営規則
事業計画・予算
事業報告・決算

理事・監事・評議員
顧問・政策委員 
理事会・評議員会
設立趣意書
設立に至る経過
2018.2.15法人設立
◆事務所へは、お気軽にお立ち寄り下さい。曜日(当番名)
 月(大西)、火(羽根田)、水(大野)、木(神原)、金(青木)
 
団体説明パンフレット
PDF
  寄付募集しています。募集要項(PDF)  
  
◆寄付申込書(わたしの基金)  ◆寄付申込書(いいね基金)     
お知らせ
   
◆「東海ろうきんNPO育成助成」助成事業 選考結果発表 *CRCDF受託事業
 
2/28受付終了、4/28公開審査会(2次審査)終了、5/31最終選考、6/18交付式選考結果(PDF) 
A  新規事業創出部門 1件 30万円以内でおよそ10件募集 応募件数 45件 採択 10件
B  事業の継続発展部門 1件100万円以内でおよそ4件募集 応募件数 35件 採択  5件
C  組織強化部門 1件100万円以内でおよそ3件募集  応募件数  6件 採択  2件
 
予算変更届
 
休眠預金活用制度について
 
 ★中部圏地域創造ファンドは資金分配団体に応募する予定です。
 
 
 
内閣府休眠預金等活用担当室  
・2019年度休眠預金等交付金活用推進基本計画発表(2/25内閣総理大臣決定)
指定活用団体(JANPIA)
・2019年度事業計画等(内閣府認可)発表 3/29 4/26
  事業計画・収支予算」  「同概要」  「民間公益活動促進業務規程
 
・指定活用団体の指定(1月11日/内閣府休眠預金等活用担当室) 
 4団体の応募があり、一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)が指定されました。
 
休眠預金等活用審議会  *会議資料の公開
 第14回2018.9.4、第15回2018.12.4、第16回2018.12.6、第17回2019.2.19、第18回2019.3.13、第19回2019.3.26 
 
休眠預金活用制度とは。ー毎年700億円程度発生する休眠預金を民間公益活動支援に活用する制度。
法律の概要 ・法律説明会「資料」 ・Q&A ・「基本方針」(2018.3.30)
 
事業計画について
■NPO等民間公益活動の最大の課題は「資金」問題です。
 ◆資金支援を通して、活動支援・団体支援・人材育成支援をします。
 ◆「地域の資源(志)を集めて地域を支援」します!
 ◆「マンション型財団」の特色を生かして、確実に目的実現に役立つ「個別基金」を作ります。
 ◆当面、以下の基金作りを進めます。

■寄付頂く方(団体・個人)のご意志に基づく基金 「わたしの基金(冠基金)」
 
◆基金の名前や支援対象(活動テーマや地域)を指定頂くことができます。
■中部圏地域創造ファンドが主体的に設置し運営する基金
 「いいね基金(共感基金)」
 ◆日本社会が抱える主要課題に対応
  ア 貧困対応の支援 
  イ 就労の支援
  ウ 農山漁村の活性化の支援
 ◆中部圏における主要課題に対応
  エ 南海トラフ巨大地震対応の支援
  オ 多文化共生の支援
  カ 愛・地球博の理念を継承し持続可能な社会をつくる支援
 ◆民間公益活動の組織基盤の強化を支援する
  キ 民間公益活動団体の組織基盤強化を支援する
  ク ソーシャルビジネスを支援する基金
■本法人の運営を支援頂く基金
などを作り寄付を募ります。

◆休眠預金等活用制度における「資金分配団体」として活動することもめざしています。
*日本において、マンション型財団として著名なのは、大阪コミュニティ財団があります
 1991年に設立されました。大阪・近畿地方を中心に全国的規模で活動されています。

記録・記憶
 
◆寄付の御礼
東海ろうきん未来応援寄付金(91.6万円)/水谷潤平教育基金(5万円)/NPO研修基金(10万円)/CRCDF運営基金(100万円)