事務所案内図
開所時間:平日午後1時~4時30分
名古屋市中区丸の内三丁目5-16
愛知県林業会館 2階
(電話)052-228-0350
(FAX)052-228-0360
(EMAIL)
crcdf@crcdf.or.jp
         関連サイト
2005愛・地球博の剰余金で設立。
*設立の経過
中部の中山間地活性化をめざす
流域がつながる
映像200本。
アクセス数

 
2018.8.5案内チラシ
 
 
NPOサポートセンター・行政組織(リンク)
内閣府NPOホームページ
あいちNPO交流プラザ
愛知県下市町村サポートセンター
名古屋市市民活動推進センター
(特)ぎふNPOセンター
(特)みえNPOネットワークセンター
(特)長野県NPOセンター
(特)浜松NPOネットワークセンター
(特)ボランタリーネイバーズ
中部環境パートナーシップオフィス
 
(特)日本NPOセンター
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
その他(関連団体)
 

休眠預金活用制度
内閣府休眠預金等活用担当室   
指定活用団体指定担当室
休眠預金等活用審議会
◆休眠預金活用推進議員連盟

民間公益活動推進に役立つ調査
 
2015 「あいちモリコロ基金助成活動成果調査報告」(本冊125P別冊44P
2014 「NPO支援専門家のための知恵袋」(69P)
2012 「市民活動団体資金循環調査報告書」(365P)
2011 「NPO法人財務分析報告書」(230P)。冊子実費1000円
2011 「あいちモリコロ基金助成活動評価事業報告書」(165P)
2010 「NPO法人における雇用と人材実態調査」(377P)
 
 
更新日 2018年7月5日
法人基本情報
定款
設立趣意書
運営構想
設立時役員
役員プロフィール
顧問・政策委員 
機関会議
事業計画・予算等
設立に至る経過
2018.2.15法人設立
◆事務所へは、お気軽にお立ち寄り下さい。曜日(当番名)
 月(大西)、火(羽根田)、水(大野)、木(神原)、金(青木)
 
お知らせ
★トピックス
◆「東海ろうきん未来応援寄付金」公募(6月5日~7月5日)     
  ◎対象  活動テーマ「子どもの健全育成」「就労支援」/地域:愛知県内  
  「募集要項」(PDF)  申請書(WORD) *申込・問合せは中部圏地域創造ファンンドへ。  
 
◆CRCDFフォーラム「NPO等民間公益活動への資金の流れをどうつくるのか!
  案内チラシ(参加申込書) 
word  カラーPDF版
 
  日時:8月5日(日)午後1時30分~4時30分。名古屋国際センター・別棟ホール  
今年は、NPO法制定20周年です。20年を振り返りつつ、これからを展望し、NPO等民間公益活動に対して、資金助成の仕組みをつくるために、あいちモリコロ基金の経験をどのように活かすのか、休眠預金等活用制度をどのように活用するのか、地域の資源(志)をどのように活かすの、などの観点から議論します。   
基調講演 萩原なつ子(休眠預金等活用審議会委員、日本NPOセンター副代表理事、立教大学教授)
 テーマ  休眠預金等活用制度の基本方針について~休眠預金等活用審議会での論点~
パネル討論
 萩原なつ子(基調講演者)
 松井真理子((特)みえNPOネットワークセンター代表理事、市民社会研究所代表、四日市大学教授)
 加藤 義人(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)政策研究事業本部執行役員)
コメンテーター
 雨森 孝悦(モリコロ基金運営委員、日本福祉大学教授)
 鵜飼 宏成(一宮市市民税1%寄付制度審査委員長、(特)起業支援ネット理事、愛知学院大学教授)
コーディネーター
 後藤 澄江(モリコロ基金運営委員会副委員長、東海社会学会会長、日本福祉大学教授)
 
 
休眠預金活用制度について
★トピックス
指定活用団体の公募開始(5/16) 10月1日から5日まで申請受付、年内決定。
◆平成31年に資金分配団体募集・選定。   
◆休眠預金活用制度とは。ー毎年700億円程度発生する休眠預金を民間公益活動支援に活用する制度。
 ・法律の概要  ・法律説明会「説明資料」  ・Q&A  ・スケジュール  ・「基本方針」(2018.3.30)
 
民間公益活動助成情報
 既存の寄附システム・助成金
◆東海労働金庫NPO寄付制度 
◆ペガサス財団助成金 
◆イオングループ・イエローレシート
◆赤い羽根共同募金 
  【愛知県共同募金会】 http://www.aichi-akaihane.or.jp/
  【はねっと】(全国データベース) http://hanett.akaihane.or.jp/hanett/pub/home.do
◆助成財団センター http://www.jfc.or.jp/

◆市民社会創造ファンド
◆パブリックリソース財団
◆大阪コミュニティ財団
 書籍や冊子のご紹介    
 「流しの公務員の冒険」霞が関から現場への旅 山田朝夫 著 定価1500円。時事通信社
●「日本における民間公益活動の流れ 私的体験を中心に」 今田忠 著 定価2000円 
●「概説市民社会論」今田忠著。A4判315頁、定価3200円。関西学院大学出版会刊。
平成30年度事業計画
■NPO等民間公益活動の最大の課題は「資金」問題です。
◆資金支援を通して、活動支援・団体支援・人材育成支援をします。
◆「地域の資源(志)を集めて地域を支援」します!
◆「マンション型財団」の特色を生かして、確実に目的実現に役立つ「個別基金」を作ります。
◆当面、以下の基金作りを進めます。

■寄付頂く方(団体・個人)のご意志に基づく基金(所謂「冠基金」)

■中部圏地域創造ファンドが主体的に設置し運営する基金

◆休眠預金制度の活用を念頭に置いた基金
ア 「子ども及び若者の支援に係わる活動」を支援する助成基金
イ 「日常生活又は社会生活を営むうえでの困難を有する者の支援に係わる活動」を支援する助成基金
ウ 「地域社会における活力の低下その他の社会的に困難な状況に直面している地域の支援に係わる活動」を支援する助成基金
◆この地域の特性に対応して設置する助成基金
エ 「南海トラフ巨大地震対策の推進を支援する助成基金
オ 「多文化共生を支援する助成基金
◆その他の民間公益活動を支援する助成基金
カ 「NPO等民間公益活動団体を支援する助成基金
キ 「ソーシャルビジネス(社会的企業)を支援する助成基金」
などを創ります。

■本法人の運営を支援頂く基金

◆休眠預金等活用制度における「資金分配団体」として活動することもめざしています。

*日本において、マンション型財団として著名なのは、大阪コミュニティ財団があります